2020年04月27日

連休中の「新型コロナウイルス対策 緊急休日相談会」開催について

緊急休日相談会についてR01.jpg
 新型コロナウイルス感染拡大のため様々な影響を受けられている方々のご相談を頂いていますが、資金繰りのご相談や、住宅ローン等各種ローンのご返済についてのご相談等、平日にご来店が難しい皆さまの為、上記日程で相談会を開催させて頂きます。
 事前にご予約を取ってください。5月1日17:00までにご連絡をお願い致します。他の営業店とお取引の方、弊庫とお取引の無い方もご利用ください。先ずは実施店舗にご連絡をお願い致します。
 尚、相談日には通常の窓口業務はお休みしておりますのでご了承ください。





本店窓口R01.jpg
 弊庫窓口では、ご覧のアクリル・フェンスを設置しています。円滑な意思疎通にとっては邪魔になるかもしれませんが、感染を防ぐ為少しでも役立つことして参りますので何卒ご了承をお願い申し上げます。




本部内防護R01.jpg
 こちらは本部内の事務エリアです。作業の性格上、職員同士の距離が近いところでも感染拡大防止の為、できる限りの事を致しております。


posted by 地域戦略室 at 15:55| Comment(0) | コロナウイルス感染拡大対策

2020年04月23日

「名優会」誌 25号 発送しました。

日本橋郵便局R01.jpg
 本日は名優会誌25号の発送の日です。日本橋郵便局に向かいます。




前島密像R01.jpg
 日本橋郵便局の通用口には一円切手に登場する前島密(ひそか)の胸像があります。新潟の人、前島密は明治の初めに、近代日本の郵便制度を江戸幕府の飛脚制度も上手に使って立ち上げた人です。郵便制度が重要だと考えたのは、諸外国の新聞が郵便を使って広がったことに注目して、通信が国のインフラとして最初に必要だと考えたからだそうです。その最初の形「駅逓信」がスタートしたのが日本橋郵便局。それで発祥の地の碑が立っているわけです。



会報誌持込みR01.jpg
 埼玉県吉川市で印刷、人の手が触らない自動封緘を経てお手元に届く形になった「名優会誌」を運び込みます。




段差と車輪R01.jpg
 去年も苦しんだこの段差と隙間に、今年も車輪を取られます。赤い車軸と車輪がご覧いただけるでしょうか。




フォークリフト使用R01.jpg
 搬入口を変え、フォークリフトを使用して搬入を進めていきます。




五つのパレットR01.jpg
 パレット5つに乗った名優会誌25号、これから3万1千部の部数確認と郵送料支払いに進みます。



ご挨拶R01.jpg
 今年は弊庫創立の70周年、理事長のご挨拶はこの70年の本店の変遷をご紹介してまいります。
 皆さまのお手元にはこの土曜日・日曜日ごろから配達されると思われます。お楽しみに!



タグ:名優会誌
posted by 地域戦略室 at 16:49| Comment(0) | 名優会

2020年04月13日

「名優会」誌 25号 記事確定しました。

名優会誌25号ゲラ原稿R01.jpg
 名優会誌第25号のゲラ原稿です。四隅にトンボが付いています。写真は世界一の日本庭園である島根の「足立美術館」庭園です。今年の国内旅行の訪問地です。発行直前になってコロナウイルス感染拡大のため中止イベントページの差替えが相次ぎましたが、なんとかここまで参りました。
 記事が確定しましたので、印刷・封入・発送と4月中にお手元に届くよう進めて参ります。どうぞお楽しみに!


タグ:名優会誌
posted by 地域戦略室 at 17:02| Comment(0) | 名優会

2020年04月02日

令和2年度 国内旅行「山陰の名湯 2泊3日の旅」について

 
足立美術館庭園R02.jpg
 例年5月から6月に掛けて行われる国内旅行ですが今年は思わぬ壁に当たって募集を見合わせています。今後の新型コロナウイルスの収束を待って募集を開始したいと考えております。世界的な感染拡大は予測がつかない状況ですが、秋以降に実施できればありがたいと思います。
 正式な旅行名は「第147回 鳥取砂丘・砂の美術館と足立美術館 山陰の名湯に泊まる2泊3日の旅」と申します。見所は3つあります。先ず第1は上の写真ですが、世界一の日本庭園を持つと言われます、島根県安木市にある「足立美術館」です。近代日本美術の美術館で、メイン・コレクションは横山大観130点です。そして美術品にも増して美しい庭をご覧いただきたいものです。外国の人々がこれ以上の庭は無いと言っています。




鳥取砂丘馬の背R01.jpg
 2番目は鳥取砂丘です。日本に砂丘は他に2、3ありますが、比べ物にならない広さ。人がゴマ粒のようです。白いのは調査時が2月で雪が降ったからです。砂ばかりでは面白くありませんので、





昨年制作作品R01.jpg
 砂の美術館で砂像を見ます。砂像の寿命は1年保ちませんので、毎年出し物が変わります。





出雲おおやしろ拝殿R01.jpg
 3つ目は出雲大社です。おなじみの拝殿。




出雲大社本殿R01.jpg
 そして本殿。古事記「国譲り」の神話の舞台です。
 詳しい予告編をご用意致しましたのでご覧ください。






 尚、令和2年度の海外旅行は、新型コロナウイルス肺炎の世界的な感染拡大により、主要国は外国人の入国を拒否していること、各国でアジア人種に対する差別的行動が目立つこと、現地で医療機関の受診が難しいと考えられること等、お客様の安全が確保できない情勢のためやむを得ず中止いたします。来年度にご期待ください。





posted by 地域戦略室 at 14:55| Comment(0) | 国内旅行

2020年03月19日

中央区ビジネス交流フェア2020 始動しています。

フェア会場2019R01.jpg
 「中央区ビジネス交流フェア2020」が動き始めました。新型コロナウイルス肺炎の感染拡大防止のため様々なイベントの見合わせが行われているところですが、実施予定が11月でまだまだ先であること、今から企画を進めておかないと本当にできなくなってしまう恐れがあることを踏まえて、先ずは前回の反省からスタート致しました。

 【 予定 】
開催日時:令和2年11月19日(木曜日) 午前10時〜午後4時30分
開催場所:日本橋プラザビル 3階ホール (中央区日本橋2-3-4)
ブース展示数:60社
主催:中央区
共済:中央区内各種経済団体




入場後R01.jpg
 イベントの内容として「展示会」、バイヤー様と直接交渉をして頂く「バイヤー商談会」と「経済講演会」を行います。





バイヤー交流会2019R01.jpg
 前回実施いたしましたが今回実施しなくなるのは、写真の「ビジネス交流会」です。伊藤忠食品様のご協力で実施されたオープンタイプの商談会ですが、時間が少ないことから商談の進行スピードが足りなくなる面があり、それならば各社直接と「ビジネス商談会」に統一することに致しました。伊藤忠食品様も「ビジネス商談会」にご参加になる予定ですからご安心ください。




受付R01.jpg
 「バイヤー商談会」については、前回ご用意した商談数18コマを48コマに増やし、商談時間25分を35分に増やす等、販路拡大のビジネスチャンスを増やすことに努力して参ります。
 経済講演会については中央区しんきん協議会と東京商工会議所様の共同講演を「中央区ビジネス交流フェア」の会場で実施させて頂くことを企画しております。




賑わいR01.jpg
 ご参加頂けるバイヤー様に概要のご説明に伺っています。ご参加をご希望になるバイヤー様がいらっしゃいましたら直接弊庫地域戦略室までご連絡ください。

 電話:3279-4632
 ファクシミリ:3279-1401
 meil:c-senryaku@tokyo-city-sk.co.jp

                         (写真は全て前回の「中央区ビジネス交流フェア2019」のものです。)
posted by 地域戦略室 at 10:38| Comment(0) | ビジネス交流フェア